家電に対して適切な補償に入ることで修理コストを下げて生活を安定させる

概要

エンジニアに限らず、現代の暮らしはドラム式洗濯機や高価なスマートフォン、PCなどを使用することが多いです。

そしてそれらはメーカー保証が1年で、それを越える延長保証は各社様々なサービスがあり、選択肢もいろいろあります。(メーカー独自の延長保証、家電量販店の延長保証、クレジットカード付帯の動産保険など)

最近それらを調べて、個人的にオススメ(つまり、おそらく保険料に対して修理の期待値的に得しそうなもの)が幾つかあったので紹介をします。

忙しい人向けに結論を書くと以下です。

くらしTEPCOの住設・家電修理サービス

東京電力が提供する月額300円から月額450円でエアコン・冷蔵庫・洗濯機の保証。設置から10年以内のものなら一回あたり50万円までの修理を保証してくれるもの。
ポイントは

  • 別に電気やガスを東京電力と契約していなくても加入できる
  • 中古品購入でも製造日から10年以内なら保証可能
  • 設置証明(購入日証明)がとれなくても製造日から10年以内なら保証可能
  • ドラム式洗濯機は、多くの機種で構造上ホコリが掃除不能な場所に溜まり、10年以内に故障する可能性が十分に高い

という点で、個人的には10年で5-6万円を払ったとしても ドラム式洗濯機が10年で一度でも故障したら元が取れるライン なのでお得だと思いました。 オマケでエアコンや冷蔵庫の保証もついてくる、と考えるとヘタな家電量販店の延長保証よりもお得そうです。

// もしこのサービスの加入者が全員ドラム式洗濯機を使ってたら赤字になっちゃうんじゃないかなって思いました。

www.service.tepco.co.jp

2023/12/04 23:50追記:給湯器などの保証を含めるなら月450円、賃貸などで給湯器の保証は不要の場合は月300円で加入できることをコメントで補足いただきました!

www.service.tepco.co.jp

スマホ

1台あたり月額100円から(破損や盗難などの保証をオプションで追加すると高くなります)でスマホやノートPCの修理代を保証してくれる保険です。
類似のサービスは幾つかありますが

  • 一度の修理金額上限が10万円(1年1度まで)
  • 国内販売実績のあるスマホならメーカー問わず(つまりApple製品も )中古白ロム機でも加入可能
  • 免責はあるけど1度あたり5000円の出費なので許容可能

という点で類似のサービスに対して優位だと思いました。

たとえば折り畳みスマホはディスプレイの修理で5万円以上が発生します。(そして実際折り畳みスマホは画面の破損がめちゃくちゃ多いです) また、iPhoneなどの高価な端末も破損時の修理コストが重いです。

キャリア純正の修理保証やAppleCareなどメーカー純正の保証は月あたり1000円近く掛かることを考えると極めてお得 だと思いました。

また、スマホケは名前に反してノートPCやタブレットも加入可能なので、MacBook ProやiPadProなど、価格が高い製品も加入する価値がありそう に思いました。

// もしこのサービスの加入者が全員折り畳みスマホを使ってたら赤字になっちゃうんじゃないかなって思いました。

一応メモとしてこんなことを覚えておくと良さそうです。

  • 海外輸入端末は加入不可
  • 加入時に大きな傷がついてない、正常に動作することをIMEIを添えた写真を撮って送る必要がある
  • いわゆる赤ロムの保証は付いていない
  • そのため、キャリア販売の残債の無い中古の白ロムを買う人に一番適してそう

sumahoke.jp

終わりに

これ以外にもよく調べたらめっちゃお得じゃん!みたいなサービスがきっと色々ありそうなので知りたいですね!