読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mastering the Oculus SDK日本語解説

このエントリはOculus Rift Advent Calendar 2014の12/14のエントリです。

Oculus Rift Advent Calendar 2014 - Qiita

明日12/15は @xxxxMakoto さんです!

概要

去る2014/9 にOculusVR社の主導で行われたOculusConnectと言うイベントで、いくつかの講演がありました。

その中でも、OculusSDKが何を目指して、何を実装して、将来はどんな機能を追加していくかと言う、一番ヘビーな(個人的には重要そうな)Mastering the Oculus SDKと言うプレゼンテーションがありました。

http://static.oculus.com/connect/slides/OculusConnect_Mastering_the_SDK.pdf

このエントリでは、上記講演の公開されているプレゼン資料について、和訳を書き、僕自身の感想や知見を加えた物を公開します。

ざっと80ページくらい+pdf(15MB)での公開です。内容は随時アップデートしていきたいと思っています。

資料の配布

こちらからDLください。[pdf] https://copy.com/trXEDBGAwcu9Kj6r

//本当はhtmlとか電子書籍的なフォーマットにしたかった…

また、googledocの生データが以下にあります。コメントを入れられるので分かりにくい点などあったら書いて頂くか

izm (@izm) | Twitter までお気軽にメンションくださいませ。

explain_Mastering_Oculus_SDK - Google ドキュメント

対象とした読者

VRに興味がある情報系の学部4年程度があれば問題なく読めると思います。

飛ばし飛ばしで読むか、じっくり読むかで変わりますが、後者だと概ね1時間程度の時間が掛かるかと思います。

なんでこんな物を書いたのか

OculusVR社というか、Palmarさんから日本はDK2の優先的な出荷先として認定されていて、日本の開発者に掛かる期待は大きいように思います。

なので、ちゃんとした資料を、英語が苦手な人でも読めるように整備出来たら、うれしいなあと思い、今回こんな感じに公開しました。

//Twitterに断片情報だけ書いていくと、どんどん有益な知見が流れてしまって勿体ないので、他の人も知見をドンドンまとめてほしいです!

著作権

本エントリで配布しているpdfの著作権全てOculusVR社に帰属します。

また、OculusVR社の公開しているpdfを勝手に使用している為、怒られたらごめんなさいをします。